「タモさん」と「タモちゃん」

前回の記事まで、3回にわたって

「大将となるにも」を紹介しました。

前回の動画のなかの、ちょうどこの写真の部分を思い出してください。

画像


大将夫人がゆっくり近づいてくる・・・

恐怖におののく大将は、ロニーをとっさに楯にした・・・。

ロニー:「いや、いやよっ!やめてくださいよっ

大将:「相手役でしょ!」
(当時、花總まりさんと、和央ようかさんは宙組でコンビを組んでいて、「タカハナ」と言われていた。タカとは、和央さんの愛称「タカコ」「タカちゃん」より)

ロニー「タモさん!」

この「タモさん」というのは、愛華みれさんの「愛称」なのでした。
宝塚歌劇団生徒は、芸名のほか、愛称で呼ばれることも多く、
愛華みれさんは、「タモさん」と呼ばれているのです。
彼女の苗字は、ちなみに、今をときめくこの方と同じではありません、念のため。

画像



写真は、「21世紀日本の黎明」から http://blogs.yahoo.co.jp/nippon_no_reimei/11430060.html

ここで、「タモさん」と「タモちゃん」について、章姫なりに一言。

「タモさん」というのは、愛華みれさんの愛称として、ヅカファンの人には知られているはずですが、
2ちゃんねる@軍事版では、田母神俊雄空将のことをそのように呼ぶ人も多いです。
それで、章姫の脳内では勝手に、この愛華さんと、田母神空将がリンクされてしまったのでした
宝塚関係の「タモさん」→ネット上でも愛華みれさん
それ以外の「タモさん」(特に2ちゃんねるなど)→田母神俊雄空将

と区別をした方がいいと思います。

また、田母神空将を直接知る人たちは、彼を

タモちゃん
と呼んでいるらしいし、空将ご自身も「タモちゃん」と言っているようです。

最近発売された

自衛隊風雲録
飛鳥新社
田母神 俊雄

ユーザレビュー:
自伝としても、組織論 ...
危険人物の田母神です ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



において、いくつかの「タモちゃん理論」をご披露されています。

●「タモちゃんの荒野の荒馬理論
  軍隊指揮官の仕事は、荒馬に乗って荒野を駆け抜け、傷だらけになって駆け抜けるようなものだ」

●「タモちゃんの80対20の法則
  軍隊指揮官は、自分の満足度は80%ぐらいに抑えておく必要がある

●「タモちゃんの交通事故理論
 北朝鮮の保有するミサイルが発射されても、国内で交通事故や殺人事件よりも被害にあう確率は少ない

2ちゃんねるの軍事版などに書き込みする人たちはなぜ、田母神空将のことを
「タモさん」と書くのか、章姫には不思議です。

なお、この空将の著書87頁より、「大将となるにも」に登場する大将と
田母神空将は、たまたまネット上などの愛称が一緒である以外は
関係がないことを付け加えておきます。
大将夫人・和央ようかさんの身長は174センチとのことです。

そして、章姫は一つ、考えてしまいました

田母神空将が、「大将となるにも」に出てくるような軍装をしたらどんな感じになるのだろうかと。
田母神空将は、今は民間人だから、制服は着用できないけれど、
軍装を着用する分には問題はないはず・・・

ということで、合成して作ってみました(軍装は小畑敏四郎少将のもの)。

画像






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック