軍人の道は一本道

アクセスカウンタ

zoom RSS 航空自衛隊・航空中央音楽隊の定期演奏会

<<   作成日時 : 2010/07/18 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今日は、以前から楽しみにしていた演奏会に行ってきました!

それは、
航空自衛隊・航空中央音楽隊
の定期演奏会です。

私は、以前入隊者激励会の際に、自衛隊音楽隊の演奏を聴いたことはありますが、
航空自衛隊の音楽隊のものは聞いたことがなく、

『空の精鋭』ファンでもある私は、一度生演奏で聴いてみたいと
思っていたのでした。

そして、かつてフルートをかじったことのある私は、

一度、フルート奏者であり、作曲家でもある
矢部政男・准空尉の演奏する姿を見てみたいと思っていたところ、
神様は私に、入場券をお与え下さいました。

矢部政男・准空尉につきましてはこちら→
http://music.geocities.jp/koukugieitaiongakutai/yabe.html

矢部さまのお姿です(Dolphin in the Sky ※この曲も矢部さまが作曲です)



この演奏会は入場無料です。

しかし、抽選があるのです

もしかしたら、外れるかもしれない・・・、と思っていたら、何と当選

場所は「すみだトリフォニーホール」(東京都墨田区)

Youtubeなどの航空自衛隊の音楽隊の動画を見ると、
屋外だったり、体育館だったりするので、
今回の場所なら、より良い音での演奏になるかもしれない・・・。

私もかつてオーケストラやっていたときに、体育館での演奏がやりにくかったことを思い出します。
ありったけの絨毯を敷いたりして音を吸収させようと努力してくれました(PTAの方々が)。

※このホールは3階まであります。一階から埋まっていったようですが、実は3階の方が
音がよく聴こえるということを知り、私は3階を狙っていました。
1階だと演奏者の顔は見られるけれど、音が良く聴こえる方を優先しようと思いました。

プロの音楽家は、自分の演奏する場所がどのような音響か?
をよく掌握したうえで演奏するのだそうです。
(私は小学生の時だったし、そこまで気にはしていなかった)。

プログラムは以下の通り。

画像


すべて私にとっては初めて聴く曲ばかりです。

フェスティバル ファンファーレ&コンブリオ

は矢部政男准空尉の新曲です。

私は最近、朝起きてから『ブルーインパルス』のCDを聴いています。

ブルー・インパルス
コロムビアミュージックエンタテインメント
2009-12-23
航空自衛隊中央音楽隊

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



約1,000円とは思えない、吹奏楽の素晴らしさを実感できます!

なので、「あ、これ矢部さま的な曲だ!」と分かるようになりました。

「ファンファーレ」とありますが、決して、金管楽器(特にトランペット)が目立つだけではないです。

そこがフルート奏者である矢部さまの持ち味では?と思います。

『空の精鋭』同様、フルートの音色の美しさを必ず出しています

フルートは、細い楽器ですが、結構大きい音が出るものです
力強いのです!
私でさえ、自宅で練習していると(土日は自宅に持ち帰り自主練習するのが暗黙の了解であった)、3軒先ぐらいまで音が響いて、近所迷惑になっていたらしいですから!

だからか、「ファンファーレ」としても十分成立できるのです。

また、外囿祥一郎三等空尉のユーホニュームは、素晴らしかったです。

こんなにユーホって表現力のある楽器だったとは!

さらに独奏なので、ごまかしが効かない!
(プロでも音が外れることはあるのです。またこの点は小学生のオケでは
まだ力不足のままやらざるを得ない部分があると思います)


客演指揮者として大友直人さんが御出演されました。

この方はどちらかというと、オーケストラの指揮者として著名かと思いますが、

今回の定期演奏会で航空自衛隊とは3度目の共演になるのだとのことです。

だからか、かなり難しい要求をしたと、プログラムに書かれていました。

「私も皆さんの力量を理解しているということで、多少難しい要求をさせていただきました。
ウィンド・オーケストラが持っている表現力の可能性と言うのは、
おそらくものすごい幅広いものがあると思うのです。

そこで吹奏楽だから、
管楽器だからということを理由に何か音楽的表現を狭めてしまうことのないように、
その世界にチャレンジしていくと、また世界は広がっていくのではないでしょうか
?」

私の小学校での管弦楽クラブは、確かに全国レベルで高い評価を受けていました。
小学生にして、ベートーヴェンやチャイコフスキー、スッペ、シベリウスなどの演奏をこなせてしまうなんて、
と思ってくれる人は多かったと思うのです。

今から思えば、私たちはいつも、音楽室に入ると、
これらの曲がかかっているので自然に耳で覚えてしまう、というのがあったと思います。
そうして、「吹けた」気になっていた部分があったのではないか?

少なくとも私は・・・。

正直、現在の多くの吹奏楽やオケで実施しているロングトーンなどの基礎練習を怠っていたと思います。
(一応、私は曲らしきものが未だに吹けるつもりですが、
音が安定してないので実はモノになっていないことがばれてしまうのです!)

ロングトーンの重要性を意識してはいなかったと思います。
だから、「スラブ行進曲」のメロディを「覚えて」、それだけを繰り返すのがやっと。

応用がないのです


新しい曲(モデルがない)に挑戦するということは、
少なくとも私の時代はなかったと思います。

(後に、芥川也寸志 「交響管弦楽のための音楽」に挑戦したことを遠くから知った)

どのような曲でも恐れることなく、楽譜から感じる、というゆとりがなかった(私は)のでした。
このようなチャレンジの背景には、気の遠くなるような基礎練習量があるに違いありません。

航空自衛隊の職務では、戦闘機乗りや高射管制・要撃管制などは知られているけれど、
音楽隊の存在ももっと隊内での評価が高くなってほしいと願います。

航空自衛隊の音楽隊は、今度は「題名のない音楽会」(テレビ朝日系)にも出演するとのこと。
音楽には、ある種の「境界」はないのです。

実は、それだけ
音楽と軍隊の関係は深いということに、私たちは気づいていない
ということかもしれません。


そして、この航空自衛隊の音楽隊のすごさは、
むしろ一般の吹奏楽・オーケストラ愛好家の中で評価されているということです。

私が20分前に会場に入った時には満席に近かった!

私の周囲でも(自衛隊をよく知らない人たち)、この音楽会に絶対に行きたい!
という人が私の予想以上に多かったのでした(様々な理由で行けないと、残念がっていました)。

私の地元の中学生で吹奏楽をやっている子が、中学のバッグを肩から掛けて見に来ていたのも発見しました。

それだけ、航空自衛隊の音楽隊はすごいのです!

嬉しいことに、アンコール曲が『空の精鋭』でした!
ホールが違うだけで、こんなにも音が柔らかく聞こえるとは!
大友さんの指揮の『空の精鋭』は、いつもYoutubeで聞くのとは違った
印象がありました。


最後に、会場でいただいたチラシです!

画像




全日本吹奏楽コンクール課題曲参考演奏集 Vol.1航空自衛隊航空音楽隊【smtb-u】
Felista
航空自衛隊航空音楽隊で検索商品Spec 【CDアルバム】発売日 20090328品番 KOCD-88

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なかなか良さそうな演奏会ですね。以前も書いたかもしれませんが、自分も昔自衛隊の吹奏楽を聞きに行ったことがあって、音色と迫力に感動したことを覚えています。やはり厳しい世界で生きている人たちの迫力は須佐マジいですね。この航空の方もやはり演奏は良かったですか?

以前も聞いたかもしれませんが、天奉院章姫さんは何の楽器をやっていたんですか?自分はTrb吹きですが、「空の精鋭」という曲は正直よく分かりません。すいません。
かねごん
2010/07/20 01:15
かねごんさん
おはようございます。
私はフルートでした。空の精鋭は、航空自衛隊の行進曲です。フルートがきれいなんですが、ちゃんと行進曲でもあります。
かねごんさんはトロンボーンなんですね。私はトロンボーンは難しそうだと思っていました。音の出し方とか・・・。音楽の世界は結構皆さん「目に見えない」こだわりがあってすごいですよね。音づくりというものに対して・・・。航空自衛隊の音楽隊は、中学・高校の部活に出向いて指導もしているのだそうです。私の地元の学校の子もバッグ背負ってきてました。無料なのに素晴らしい演奏会でしたね。生で聴くことは大切だと思いました。(一応小学校時代管弦楽だったハズなのですが・・・。)かねごんさんも以前書かれていらっしゃったように、全体的なレベルが上がりましたよね。
章姫
2010/07/20 08:04
章姫さま

こんにちは。お久しぶりです。

航空自衛隊音楽隊を直に見られ、演奏も聞けたようでよかったです。それに朝の目覚めは音楽隊演奏曲とは…ブルーカーテンの仲間入りですね。

管弦楽をされていた章姫さまと音楽隊の出会いも何かのご縁ですね。(拙ブログも少しはお役に立てたでしょうか?)
うさぎの耳
2010/08/14 14:45
うさぎの耳様
>管弦楽をされていた章姫さまと音楽隊の出会いも何かのご縁ですね。(拙ブログも少しはお役に立てたでしょうか?)

何かどころではなく、ここにはかけないぐらいの素晴らしい「恵み」がありました!
確かに管弦楽クラブにいた頃は、辛くて嫌なことが多かったし、その後あの世界を続けようとは思えないほど嫌でした。
でもそのことがある意味、今の自分(なぜか軍人ブログを書いている)につながり、それが新たな出会いや恵みにもなっているのは嬉しいことです!
航空自衛隊の音楽隊は最高!です。
世界に誇れる音楽隊と思います。
「音楽は人の心に元気の灯をともす。音楽隊は抑止力である」という名言を最近見ました!この方のサンタクロース姿は最高です

http://www.mod.go.jp/asdf/wadf/commander/command_room1/furoshiki/12.html
章姫
2010/08/14 18:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
航空自衛隊・航空中央音楽隊の定期演奏会 軍人の道は一本道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる