都城駐屯地からの広報誌

先日、「ガンバ・レター」を出したことで、陸上自衛隊からは2度も丁寧なお手紙をいただいた
話を書きました。

小さな私の「ガンバ・レター」が栄養剤になったと
喜んでくれたらしいです。

何だかとても嬉しいです。


その後、都城駐屯地からは、「広報誌・霧島」が送られてきました。

画像


ここの駐屯地は、何と創立100年の由緒ある駐屯地で
歩兵第64連隊があったとのこと。


今回のこの号外を見て、私はまた、一つ学びました!

それはさておき

前のエントリーでも取り上げました
九鬼東一・第43普通科連隊長のカラー写真です。

画像


キャッチフレーズ「がんばろう!宮崎
を胸に、「見えない敵と闘う」任務を遂行なさったことが
わかります。

※私は「キャッチフレーズ」が好きではないです。
何だか、いろんなところに「何の意味があるのか?」よりも
町の景観を損ねるような看板にデカデカと書いてあるような・・・。

でも本当はこういう時にこそ、「キャッチフレーズ」って必要なんですね。

この広報誌には、時系列で経過が記されていました。


画像


この経過を一覧するに
本当にきれいごとではない、つらい状況がたくさんあったのだと
思います。
特に、6月の梅雨の時期。

メンタル面だけでなく、湿気の多い場所でのこのような作業中

どれだけ衛生面での配慮が大変だったか・・・。

佐藤守空将のブログ日記には、産経新聞の記事を引用される形で
取り上げられています。

どうかこちらもご覧くださいませ。

「口蹄疫終焉と自衛隊」

http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20100803

これによると、任務に当たる隊員さんの皮膚が消毒のために
炎症を起こしてしまうこともあったとか。

防護服と袖口にテープを巻くほどのものだった!ということです。

隊員さんたちの汗が服の中にこもってしまうではないか!
それでさらに湿疹のまま任務に当たることはできないはず。

だからここまで防備して事に臨んだのだと、私はとらえました。

これは本当に我が国の梅雨の時期の任務としては
厳しいものだったに違いありません。

それでも黙々と任務をこなしていらした・・・。


画像


これを見るに、指示の出し方などは
自衛隊の日常訓練が活かされているようです。

県職員(畜産リーダー)が不足であり、未曾有の災害でもあったので
県だけでは対応が不可能だったと思います。
そんなときに、「どのようなスキルが皆さんのお役に立てるのか」
知恵をだすのも、自衛隊の任務の一つだと気づかされました。


また隣の写真こそが、先の「隊員さんたちの皮膚炎」のもとになった
作業であります。
よくみると、足首まで肌を出さないようテープで巻いてますね。


画像


ここの部分は、おそらくどのマスコミも
とりあげない部分かと思います。

下手に取り上げると、「自衛隊は、あのような作業中でもしっかり食べているんだ」なんて
捉えられてしまうからではないか?と思うのですが・・・。

私自身は環境が変わったりすると、すぐ食欲が落ちるのです。
さらに夏になると体調を崩してしまうことが多いです。

正直、「よく食べられるなぁ」と思うのですが、

これは民間人だから「食べない自由」があるのかもしれません。
(仕事中、どうしても私自身に食欲がなくて、お昼を食べなかった時もありましたが、
それでも何とかできる環境にあったということだと思います!)

隊員さんたちになると、「食べなければいけない

食べないことで任務の効率が落ちることはあってはならないはず。

だからしっかり「食べる」ことの大切さを訴えているように捉えました。

この写真では、ほとんど中腰に近いかたちでお昼を食べていますね。

シートがあるだけでも幸せ

シートがなければ、座って食べることはできない(衛生面からも)のかもしれない。

軍隊では、立場の高い人ほど、実は「食べなければいけない」ものだということを
以前、「海軍ゆかりの場と桜」のエントリーで登場いただいた海上自衛官の方からも
教わりました。

その前に、私に「軍隊では食べることも任務」と教えてくれたのは


この方でしょう!

画像


私の「院号名」に一字頂いている方でもあります。
























世界のエアライナー 航空自衛隊 第83航空隊 第204飛行隊 「日本の南西空域を守る活動と任務」 【DVD】
HMV 楽天市場ストア
商品の詳細ジャンルスポーツ&ドキュメンタリーフォーマットDVDレーベルトライスター発売日2010年0

楽天市場 by 世界のエアライナー 航空自衛隊 第83航空隊 第204飛行隊 「日本の南西空域を守る活動と任務」 【DVD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2010年08月17日 00:00
宮崎県での自衛隊の仕事がこんなに大変なものだったとは全く知りませんでした。そういう意味でこの記事は大変興味深く読ませていただきました。消毒作業もつらそうですね。こんな中では、きっと食欲はわかないでしょうね。
2010年08月17日 20:53
かねごんさん
私も実はこんなに大変な作業だったことは初めて知りました。東京周辺ではほとんど話題にならなかったと思います。たまたま今回ガンバ・レターを出した私に号外を送って下さった駐屯地の方々にかわり、一部をブログに載せて知らせようと思いました。県民の方々、自衛隊員の方々は特にこの猛暑の最中しんどかったでしょうと思います。練馬では38度とか・・・。いつまで続くのでしょう・・・。
因幡の白兎
2010年08月18日 07:35
章姫さま、都城駐屯地からの広報誌の紹介ありがとうございます。宮崎県の口蹄疫災害派遣の様子がよく判る大作ブログと思います。
政府は対応遅れを素直に宮崎の畜産農家に謝り、支援した自衛隊に感謝の意を表明すべきでしょう!
2010年08月18日 08:21
因幡の白兎さま
今回の口蹄疫の報道について、自衛官がどのような活動をしたのかについては報道があまりされていませんでしたよね。その役割はこうしてみると大きいものだと思ったし、文字通り「見えない敵と戦って」いたのだと思います。
>政府は対応遅れを素直に宮崎の畜産農家に謝り、支援した自衛隊に感謝の意を表明すべきでしょう!
その通り!です。
政府が対応に遅れたとしても、それに対応して任務に当たるのが自衛隊なんですよね。
“My”アフィリエイトスカウト事務局
2010年09月06日 15:18
※このご連絡は、NTTコミュニケーションズが運営する
“My”アフィリエイトの広告プログラムをご紹介する目的で行っております※
突然のご連絡失礼いたします。“My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。
現在、大手企業様のプロモーションにご協力いただきたい優良なサイト様に個別にお声掛けさせていただく活動をしております。
サイトを拝見いたしまして、歴史に関して、色々と興味深い話題を書いていらっしゃると感じ、
ご連絡をさせていただきました。
ご協力いただきますと特典もございます。詳細をご確認後にご判断いただいて構いませんので、
ご興味がございましたらご連絡をお願いいたします。

▼詳細メール申込フォーム  http://www.affiliate.ntt.com/topics/scout/
※必須入力項目:エントリーコード『157』 、サイトURL『http://tenhouinaki7.at.webry.info/

ご返信にて詳細をご案内させていただきます。
この度のご連絡で不快な思いをされた方には誠に申し訳ございません。

この記事へのトラックバック