「鍾馗(しょうき)兵団」誕生

近藤中将率いる第130師団のことを、通称「鍾馗兵団」といいます。

「第130師団が~」という言い方はあまりしないようです。

このように、師団など、独立した作戦能力をもつ兵団には、「秘匿名」(これが通称でもあった)
が与えられており、第130師団は、「鍾馗(しょうき)兵団」と呼ばれました。

鍾馗(しょうき)とは何でしょうか?

画像


中国の道教系の神様

ということです。
日本にも伝わってきており、京都の町屋では厄除けとして大切にしていた神様だったようです。
その様子は、長い髯を蓄え、中国風の衣装を着て剣をもち、
大きな眼は何かをにらみつけているような、こわーーーーい?姿なようです。

戦国武将でも、旗印に用いる者があったとか。
それが何と、前田利家


なお兵団の秘匿名に関してですが・・・。

私は「天奉院章姫」と名乗っているぐらい、山下大将率いる第14方面軍の戦記に親しんでいますが、
戦記の中で軍人たちの会話では、自分の所属を名乗るときに

旭兵団の●●連隊所属の△△であります!」といっていたり、

命令書に「尚武集団長 山下奉文

と署名しているのを見て、意外に思いました。

日本においては、兵団の秘匿名は、将兵たちの間で親しまれているようなものであったらしいです。

戦後、戦記映画などでは「第9師団が~」と数字でいったりしてますが、
これは、便宜上ではないか?と思います。

この秘匿名(通称)はどのようにして決まるのでしょうか?

第130師団に関しては、その上級司令部である第23軍司令官・田中久一中将の考えだったようです

画像



田中久一中将が、連絡官に

近藤くんは鍾馗さんに似ているから、(第130師団を)鍾馗兵団と称えたらどうか」と冗談を言ったことから
そのように決まったとのこと。

それで、近藤中将には記念品として、鍾馗さんの絵と印鑑が
贈られたとのこと。

このように、近藤中将は、周囲から

「恐ろしく頑固な爺さん」と思われており、それを自らも肯定していた風でもあります。

なお、鍾馗さんがここで登場したのは、田中久一中将ご自身も、一時期京都で軍人生活を
送っていたことがあるからか?
田中さんご自身も、鍾馗に親しんできたことがあげられると思います。

こんな人間的なところで、兵団名が決まってしまったのが、第130師団なのでありました。

私もなんだか「鍾馗グッズ」が欲しくなってしまいました。

こんなのもあるんですねーーーーー。

【送料無料】wt052 鍾馗さんペンダントトップ★全品ポイント10倍!(P10倍)★★総額5250円以上で送料無料★【07dw11】激安祭【smtb-s】
ゲンキー
中国唐の時代「玄宗皇帝」の夢に出てきた鬼を退治したことから、災厄祓いの守り神となったと伝えられていま


楽天市場 by 【送料無料】wt052 鍾馗さんペンダントトップ★全品ポイント10倍!(P10倍)★★総額5250円以上で送料無料★【07dw11】激安祭【smtb-s】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2011年11月13日 23:27
これもまたわたくしは知らないことでありました。
中世末期の戦国時代に、われこそは○○が家臣××の△△なり~、ってやつを思い出しました。
数字で師団(兵団)を名乗るよりはるかに紐帯が強まりますね。
大工場では、どこでもそうなのではないでしょうが、工場内のブロックごとに有名タレントの名前を冠することがあるそうで、たとえば、わがAKB班は、とか、わがSMAP班では、といった具合。・・・
まあ「鍾馗」とぴたり重なる文化ではありませんがね。
「鍾馗」から離れての発言で気はさしましたが、たくさんの知的体験ができましたので、そのことの感謝も述べたいところであります。
ありがとうございました。
2011年11月14日 20:09
ナツオさん
こんばんは~
「やあやあわれこそは!●●国住人・・・」
これは実に丁寧に名乗り、また敵側もしっかり聞くのだそうですね。自分の所属を大切にしていたということだと思います。
数字よりも親しみが持てるというのは確かですね。
工場ごとのブロックにアイドルの名前がついているところがあるのですね。
初めて知りました。面白いです。
私は鍾馗グッズが欲しいですね!鍾馗のペンダントヘッド。鍾馗についてちょっと親しみを感じると、それ関係のグッズがないかなあと探してしまう・・・。学びを通して、自分の心を豊かにしていきたいものです!

この記事へのトラックバック