テーマ:近藤新八

「鍾馗(しょうき)兵団」誕生

近藤中将率いる第130師団のことを、通称「鍾馗兵団」といいます。 「第130師団が~」という言い方はあまりしないようです。 このように、師団など、独立した作戦能力をもつ兵団には、「秘匿名」(これが通称でもあった) が与えられており、第130師団は、「鍾馗(しょうき)兵団」と呼ばれました。 鍾馗(しょうき)とは何でしょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

香港・広東方面の帝国陸軍

前回のエントリーでは、昭和20年初めの支那戦線状況について ざっくり説明しました。 当時の陸軍が最優先していたのは。 連合国軍の上陸をいかに阻止するかということであったと。 ところで近藤中将は、昭和18年から台湾軍参謀長をつとめ、昭和19年から、独立混成第19旅団長 をつとめており、汕頭 (現在の広東省東部…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昭和20年初めの支那戦線

近藤新八中将の話も三回目に入れました。 (いつもは、別の話にそれて、中々書き続けるのが難しいです。でも問題意識は 薄れてはいません) 近藤中将は昭和20年4月に、第130師団長(在広東・南支那)となりますが、 その前に、当時の支那戦線の状況と、支那派遣軍の見通しがどのような ものであったかを記す必要があると思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹厳実直。

近藤新八中将を一言で表現するなら 「謹厳実直」かなあと思いました。 この人の軍歴を見ていくと・・・。 近藤中将の簡単な軍歴です 陸軍大学校を軍刀組の次点で卒業し、歩兵学校に配属されたけれど、 新京と奉天で憲兵隊長の経験もある。 特に憲兵科に行ったということでもなさそうですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒魂(アラミタマ)

これはある昭和受難者の辞世です。 この方です。 近藤新八・陸軍中将(第130師団長。陸士28期。陸軍大学校第41期)です。 この方は、次のような「説明」をつけておられます。 説明 私は死んで仏になり極楽に行く、 或は死んだら父母の許に帰るといふ様な 通り一遍なことは毛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more