ブログを引っ越します

こちらに書くのは本当に久しぶりです。 ブログを引っ越そうと試行錯誤してました。 今でも試行錯誤しているんですが・・・。 それでも、ようやくWordPressを使ってブログを書く環境が できつつあるかなーーーと思ったところで、 新しいブログのURLをお伝えします。 ブログ名は変わりません。 「軍人の道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Photoshop CS6にハマってます!

最近、更新がなかなかできないです・・・。 本来ならばしっかり歴史を勉強しなきゃですが・・・。 最近は、5月31日まで無料の「Photoshop CS6」にハマってます。 http://www.adobe.com/jp/joc/photoshop/photoshop/ps6beta/ (ここからダウンロ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

武藤章中将の平家物語観

中々更新できないでおりました。 内容的にも勉強不足だなあと思い、 ついつい、横道にそれてしまうのです と、最初に言い訳をしておきます。 皆様は、今回の大河ドラマをご覧になられているでしょうか? 私は、実は「見ていません」 テレビがないからです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たくさんの力を頂いてきました!

皆様 今年こそは本当によい一年になりますように! 正直年末年始とも、あまりよいニュースは少ないし、 これからどうなるんだろう・・・というような事案も多いのですが・・・。 そのような中で私は、私自身の「パワースポット」に行きました。 ここです! とて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「鍾馗(しょうき)兵団」誕生

近藤中将率いる第130師団のことを、通称「鍾馗兵団」といいます。 「第130師団が~」という言い方はあまりしないようです。 このように、師団など、独立した作戦能力をもつ兵団には、「秘匿名」(これが通称でもあった) が与えられており、第130師団は、「鍾馗(しょうき)兵団」と呼ばれました。 鍾馗(しょうき)とは何でしょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

香港・広東方面の帝国陸軍

前回のエントリーでは、昭和20年初めの支那戦線状況について ざっくり説明しました。 当時の陸軍が最優先していたのは。 連合国軍の上陸をいかに阻止するかということであったと。 ところで近藤中将は、昭和18年から台湾軍参謀長をつとめ、昭和19年から、独立混成第19旅団長 をつとめており、汕頭 (現在の広東省東部…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昭和20年初めの支那戦線

近藤新八中将の話も三回目に入れました。 (いつもは、別の話にそれて、中々書き続けるのが難しいです。でも問題意識は 薄れてはいません) 近藤中将は昭和20年4月に、第130師団長(在広東・南支那)となりますが、 その前に、当時の支那戦線の状況と、支那派遣軍の見通しがどのような ものであったかを記す必要があると思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹厳実直。

近藤新八中将を一言で表現するなら 「謹厳実直」かなあと思いました。 この人の軍歴を見ていくと・・・。 近藤中将の簡単な軍歴です 陸軍大学校を軍刀組の次点で卒業し、歩兵学校に配属されたけれど、 新京と奉天で憲兵隊長の経験もある。 特に憲兵科に行ったということでもなさそうですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒魂(アラミタマ)

これはある昭和受難者の辞世です。 この方です。 近藤新八・陸軍中将(第130師団長。陸士28期。陸軍大学校第41期)です。 この方は、次のような「説明」をつけておられます。 説明 私は死んで仏になり極楽に行く、 或は死んだら父母の許に帰るといふ様な 通り一遍なことは毛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧・高島鞆之助中将邸は無事でした。

http://news.livedoor.com/article/detail/5815501/ >27日午前0時55分ごろ、東京都千代田区の上智大のキャンパス内で、研究室などが入った建物「クルップ・ホール」地下部分の電気室から出火、電気室の一部を焼いた後、東京消防庁に消し止められた。  火災発生当初、同大では明治期の建築物…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「停戦」日

中々ブログを更新できませんでした。 資料を目の前にしても、「あーでもない、こーでもない、 わからない!」 となることが多くて、中々やろうと思っても放置状態が続いておりました。 本日は、マスコミなどで「終戦記念日」とかいわれています。 私は、山下大将や武藤中将と「おつきあい」させていただくようになってから …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救援活動中に死亡の自衛官を葬送…旭川駐屯地

http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20110403-00478/1.htm このたびの災害派遣中に、陸上自衛隊旭川駐屯地から派遣されていた 50代の曹長(准陸尉に特進)が殉職なさいました。 その方のお名前などはまだ発表がないので、何とお呼…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

再訪・江戸川水閘門

今日は、「江戸川水閘門」(えどがわすいこうもん)に再び行ってみました。 再び・・・というのは 実は東日本大震災の日にお世話になった場所(の一つ)として 私の中で印象があった場所だったのです。 大震災の日。 私は勤務先にいました。 今まで体験したことのない揺れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

陸軍士官学校第8期生。

渡辺錠太郎大将は、明治28(1895)年7月に、念願の陸軍士官学校生徒となりました。 同期生で有名なのは、林銑十郎大将(のち首相にもなる)です。 林さんは、渡邉さんを初めてみたのが、陸士の試験場だということです。 林さんは旧制第四高等学校の補充科を中退しての士官学校入校でしたので、 金ボタン付きの学ラン姿で受…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

文学博士。

今日も、渡邉錠太郎大将ネタです。 渡辺大将は、「文学博士」とあだ名されていました・・・。 これは褒め言葉と思いますか? 私は、むしろ「敬遠」されていたことを示すのではないかなあと思います。 この方は、とにかく「学ぶことが大好き」でした。 軍人としての俸給の何割かを、丸善への支払いに充てていたといわれ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

苦学力行の天才。

渡辺錠太郎大将とは、どのような人であったのか? 額田坦・陸軍中将(元陸軍省人事局長。渡辺さんが陸大校長の時の学生)は 「苦学力行の天才。兵学、世界観ともに現代を超越した名将」 と言っています。 また、渡辺錠太郎大将夫人・すず子さんは 「エピソードの少ない人だった」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の朝に起きた一つの悲劇

今から75年前のある雪の朝、 この邸宅で悲劇が起こりました。 『平成20年度特別展 二・二六事件の現場』より 「突然門をはげしくたたく音に目をさますと、 隣の床に寝ていた父は、つと身をおこして押し入れからピストルを取り出し 『和子はお母さまのところへいっておいで』 といった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育総監部の「スタンプラリー」

私が日頃ご教示いただいている方の一人「うさぎの耳」さまのブログ 「航空自衛官になりたい人」のこの記事には 自衛官の日常がどのようなものかが紹介されています。 http://koukuujieikan.seesaa.net/article/173319863.html 自衛官もまた、日本国家の行政機関の一つとし…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

陸軍第四師団司令部庁舎跡

明けましておめでとうございます! 本年もどうぞよろしくご指導くださいますよう よろしくお願い申し上げます。 さて、次の写真をご覧くださいませ 「第四師団司令部庁舎跡」です と、ある元自衛官の方に写真を見せたら 「第4師団って?それって…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

鉄道連隊の営門

皆さま、随分ご無沙汰しておりました。 更新しようと思いつつも、サボってしまっておりました。 今年も本当にあとわずかですが・・・。そして来年こそは心を改め 更新できるよう勉強していきたいと思っております。 さて、昨日夜、寒空の下ふらついていたところ、 元、鉄道第二連隊の営門だった場所がきれ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

都城駐屯地からの広報誌

先日、「ガンバ・レター」を出したことで、陸上自衛隊からは2度も丁寧なお手紙をいただいた 話を書きました。 小さな私の「ガンバ・レター」が栄養剤になったと 喜んでくれたらしいです。 何だかとても嬉しいです。 その後、都城駐屯地からは、「広報誌・霧島」が送られてきました。 ここ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

陸上自衛隊・都城駐屯地からのお手紙

数日前のことです。 私の家のポストに一通の封書がありました・・・。 「陸上自衛隊・都城駐屯地    第四十三普通科連隊長兼ねて駐屯地司令   九鬼 東一」 という・・・。 お手紙の内容は、以下の通りでした。 「謹啓  盛夏の候、章姫様におかれましては、ますますご清祥のこととおよろ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

航空自衛隊・航空中央音楽隊の定期演奏会

今日は、以前から楽しみにしていた演奏会に行ってきました! それは、 航空自衛隊・航空中央音楽隊 の定期演奏会です。 私は、以前入隊者激励会の際に、自衛隊音楽隊の演奏を聴いたことはありますが、 航空自衛隊の音楽隊のものは聞いたことがなく、 『空の精鋭』ファンでもある私は、一度生演奏で聴いてみたいと 思っていたので…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

海軍ゆかりの場と桜

先週は桜がとてもきれいでしたね それで先日、私は以前から行きたかった場所の一つである この建築を見に行きました。 「旧横須賀鎮守府長官官舎」です。 現在は「海上自衛隊横須賀地方総監部・田戸台分庁舎」として 桜の季節しか、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

武藤参謀長の「葡萄酒」

今日はカトリックにおいては「復活の主日」にあたるということで、 各地の教会では盛大なごミサが捧げられていることと思います。 このミサの起源は、今から2000年以上も前のこと キリストが十字架に磔となる前に、パンと葡萄酒を用い、 自分をいつまでも記念するように定められた弟子達との「最後の晩餐」です。 「イエスは杯を取…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

武藤章・軍務局長の部下あつかい

武藤章・軍務局長(少将~中将時代)は、どのように部下に接していたのでしょうか? 武藤さんが軍務局長に着任した時の挨拶の中に 「私は時に暴言を吐きます。 だがしかし他意があるわけではないので覚悟してもらいたい」 といったのだそうな。 「陸軍省軍務局」とはどのような部署でしょうか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

タモちゃんと浅尾慶一郎氏

先日の「たかじんのそこまで言って委員会」でのワンシーンです。 浅尾慶一郎氏: 「来ないでくれでいって行きませんと言って、こそっと当日行ったらどうなるんですか?」 三宅氏  :「いやいや、それは堂々と行かなきゃ。」 勝谷氏  :「堂々と行ってください。」 田母神氏:「だから私は・・・」 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第一航空団・戦闘機操縦課程教官 佐藤守一尉の言葉

先日、『防衛大学校20年史』(昭和49年3月)を見る機会に恵まれました。 この中に、防衛大を卒業していく学生に向けての、先輩からの励ましの言葉が いくつかありました。 その中に 「第一航空団戦闘機操縦課程教官・一尉 佐藤守」 からのお言葉がありました。 この「佐藤一尉」とは、のちの「佐藤守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーノ・ガンツ氏のヒトラー観

『ヒトラー・最期の12日間』でヒトラー役を演じ、特に逆切れシーンは Youtubeなどで様々なパターンが作られるほど、忘れられない存在となった ブルーノ・ガンツ氏。 彼はスイスに生まれ、19歳で映画デビューした俳優さんです。 よく、「ドイツ人が演じたヒトラー」と言われていますが、 彼は「ドイツ語を話す人」であって、 ドイ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

ヒトラーを演じたスイス人俳優・ブルーノ・ガンツ氏

この人は誰でしょう? 映画「バルトの楽園」の時に、ドイツの青島総督であった ハインリッヒ少将役を演じられてもいました。 日本陸軍の軍服を着た俳優さんは、松平健さんですね。 しかし、それ以上にインパクトがあるのが、 この動画でしょう! 本当にYoutubeを見ると、いろんなバージョン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more